住宅ローンの滞納・延納・支払遅延・差し押さえ・競売でお悩みなら、東京任意売却無料相談センターへ。弁護士・司法書士・不動産会社があなたの住宅ローンの問題をワンストップで解決いたします。あたなに合ったプランをご提案いたしますので、お気軽にご相談ください。<対応地域>東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県

埼玉で任意売却をするなら任意売却東京相談室

0120-289-960

【土日祝も受付中!】営業時間:9:00~20:00

無料メール相談24時間、土日祝日も対応!

解決事例6 破産管財人が放棄した後の任意売却

事例6 破産管財人が放棄した後の任意売却(埼玉県在住 K.Nさん 40歳 男性)

ご相談内容

M.Tさんは、会社の業績が悪くなり自己破産を裁判所に申立て、裁判所から破産管財人の選任がされ1年以上、破産管財人の提携している不動産会社で任意売却をしたが、債権者との調整が思うようにいかず、不動産会社が任意売却を諦めたため、破産管財人が物件を放棄してしまい、債権者が裁判所に競売の申し立てを行ってしまいました。

不動産会社に1年以上任意売却を任せたが、結果として上手く行かず、競売にもなってしまったので諦めていたが、M.Tさんの破産申立て弁護士さんと当社代表の飛田が以前から知り合いで、M.Tさんに今までに至った経緯をお聞きし、前に不動産会社が交渉して断られた同じ債権者とまた交渉になるので、調整が難しいと思いましたが引き受けました。

債権者 住宅ローンの残債
エム・ユー・フロンティア債権回収株式会社と市役所 金7000万円
抵当権を実施し裁判所に競売の申立て済。
市役所は自宅を税金の滞納で差し押さえ

(予備知識)競売になったら任意売却を諦めてしまう方もいらっしゃいますが、任意売却によって競売が取下げになる(競売を回避できる)ことを知らないだけで、損をしている方も多くいらっしゃいます。 知って下さい。競売→任意売却→競売取下げ。

解決への道のリ
債権者が競売の申立てをしていたので、裁判所に入札時期の確認をとり、入札までの時間が3ヶ月と知り、裁判所に競売の評価書を取りに行きました。評価書で記載されている競売の売却基準価格が3800万円でした。販売してから1ヶ月後に購入希望書が現れ、5000万円で購入の申し込みを取り、債権者に競売を取下げて頂くよう交渉に入りました。丁寧に交渉した結果、債権者から競売の取下げによる同意を頂き、残るは差し押さえをしている市役所との交渉です。市役所に対しても丁寧に交渉した結果、差し押さえを条件付きで解除するという回答を頂きました。これで、任意売却が成功します。
当相談センターが関わった結果
5000万円で任意売却が成功したので、78万円をM.Tさんに支払い滞納している税金を一部払い差し押さえを解除してもらう事が出来ました。債権者から引越し費用として、30万円を頂きましたので、引っ越しも無事できました。

一度は、任意売却を諦めたが、飛田さんと弁護士さんのおかげで、任意売却が出来、税金に支払うお金がなかったが、明誠商事さんから78万円もの現金を頂いたので、税金が払えました。本当に助かりました。ありがとうございます。

相談を受ける前に、他社で1年以上時間を費やしても、任意売却が成功しなかった案件ですので、債権者さんとの交渉は難しいと思い、相談を受けた時には競売にもなっていたので、任意売却にかける時間があまり無く、M.Tさんの自宅を市役所が差し押さえしていたので、債権者さんと市役所との調整が大変でした。時間はあまり無かったが、一つ一つ丁寧に債権者さんと話し合いをした結果、任意売却が成功したと思います。M.Tさんには、1年以上任意売却が上手く行かなかったのに、諦めずに行動されたことをすごいと思います。私としては、他社で任意売却してダメだった案件をやらせて頂き、成功しましたので、ノウハウの蓄積になり、M.Tさんにこういった機会を与えて頂いて感謝しております。ありがとうございました。

事例6 破産管財人が放棄した後の任意売却(埼玉県在住 K.Nさん 40歳 男性)

ご相談内容

M.Tさんは、会社の業績が悪くなり自己破産を裁判所に申立て、裁判所から破産管財人の選任がされ1年以上、破産管財人の提携している不動産会社で任意売却をしたが、債権者との調整が思うようにいかず、不動産会社が任意売却を諦めたため、破産管財人が物件を放棄してしまい、債権者が裁判所に競売の申し立てを行ってしまいました。

不動産会社に1年以上任意売却を任せたが、結果として上手く行かず、競売にもなってしまったので諦めていたが、M.Tさんの破産申立て弁護士さんと当社代表の飛田が以前から知り合いで、M.Tさんに今までに至った経緯をお聞きし、前に不動産会社が交渉して断られた同じ債権者とまた交渉になるので、調整が難しいと思いましたが引き受けました。

債権者 住宅ローンの残債
エム・ユー・フロンティア
債権回収株式会社と市役所
金7000万円
抵当権を実施し裁判所に
競売の申立て済。市役所は
自宅を税金の滞納で差し押さえ

(予備知識)競売になったら任意売却を諦めてしまう方もいらっしゃいますが、任意売却によって競売が取下げになる(競売を回避できる)ことを知らないだけで、損をしている方も多くいらっしゃいます。 知って下さい。競売→任意売却→競売取下げ。

解決への道のリ
債権者が競売の申立てをしていたので、裁判所に入札時期の確認をとり、入札までの時間が3ヶ月と知り、裁判所に競売の評価書を取りに行きました。評価書で記載されている競売の売却基準価格が3800万円でした。販売してから1ヶ月後に購入希望書が現れ、5000万円で購入の申し込みを取り、債権者に競売を取下げて頂くよう交渉に入りました。丁寧に交渉した結果、債権者から競売の取下げによる同意を頂き、残るは差し押さえをしている市役所との交渉です。市役所に対しても丁寧に交渉した結果、差し押さえを条件付きで解除するという回答を頂きました。これで、任意売却が成功します。
当相談センターが関わった結果
5000万円で任意売却が成功したので、78万円をM.Tさんに支払い滞納している税金を一部払い差し押さえを解除してもらう事が出来ました。債権者から引越し費用として、30万円を頂きましたので、引っ越しも無事できました。

一度は、任意売却を諦めたが、飛田さんと弁護士さんのおかげで、任意売却が出来、税金に支払うお金がなかったが、明誠商事さんから78万円もの現金を頂いたので、税金が払えました。本当に助かりました。ありがとうございます。

相談を受ける前に、他社で1年以上時間を費やしても、任意売却が成功しなかった案件ですので、債権者さんとの交渉は難しいと思い、相談を受けた時には競売にもなっていたので、任意売却にかける時間があまり無く、M.Tさんの自宅を市役所が差し押さえしていたので、債権者さんと市役所との調整が大変でした。時間はあまり無かったが、一つ一つ丁寧に債権者さんと話し合いをした結果、任意売却が成功したと思います。M.Tさんには、1年以上任意売却が上手く行かなかったのに、諦めずに行動されたことをすごいと思います。私としては、他社で任意売却してダメだった案件をやらせて頂き、成功しましたので、ノウハウの蓄積になり、M.Tさんにこういった機会を与えて頂いて感謝しております。ありがとうございました。