住宅ローンの滞納・延納・支払遅延・差し押さえ・競売でお悩みなら、東京任意売却無料相談センターへ。弁護士・司法書士・不動産会社があなたの住宅ローンの問題をワンストップで解決いたします。あたなに合ったプランをご提案いたしますので、お気軽にご相談ください。<対応地域>東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県

埼玉で任意売却をするなら任意売却東京相談室

0120-289-960

【土日祝も受付中!】営業時間:9:00~20:00

無料メール相談24時間、土日祝日も対応!

任意売却の後、そのまま住み続ける方法

住宅ローンが滞り始めた頃からせっかく手に入れたマイホームを手放さなければならないかもしれないという辛い現実が頭をよぎり始めます。
そういう時、世間は本当に冷たいと感じるかもしれませんね。
いくら約束事とはいえ、払い続けられない状況に陥ってしまうのはあなた本人に全ての責任があるわけではないのです。

しかし、実際は個人の言い分が通るわけでもなく最悪の競売を避けるために任意売却の方法を選んでしまう方も少なくはありません。
では任意売却後は必ずその家から引っ越さなければいけないのでしょうか?
愛着があるのは当然のことだと思いますが、現実問題として子供の学校生活やお年寄りの介護、更に店舗を構えているのであれば尚更そこから動きにくい環境にあるのも事実です。

 

では任意売却後も今まで通り住み続ける方法はないものでしょうか?
実はあります。
決して容易なことではありませんが希望を捨てないでいい方法があるのです。
それは第三者に任意売却をするのではなく貴方の親や子供に売却し、当面の間は家賃として払っていき、ある程度資金の見通しがつけばその時点で買い戻すという方法が挙げられます。

しかし身内に資金の準備が出来ないようであれば難しいでしょう。
ただここで諦めるのはまだ早いです。

もう一つ方法があります。
それは身内ではなく第三者に一旦任意売却をするのですがこの相手を買受支援者にしたらそこから賃貸という形で賃料を払ってそのまま住み続けることは可能です。
但しこの場合ですと賃料の額が問題となってきます。
身内と違い、不動産物件として賃貸するわけですから賃貸料の額もそれなりにするものです。
根本的に住宅ローンの支払いが不可能となっての任意売却ですので賃料を払えるだけの安定した収入があればいいでしょう。

それでも住宅ローンのようにボーナス月の支払はありませんのでもし可能なようでしたらこういう方法で任意売却後も済み続けることは可能ですし、いずれ買い戻しをすることも可能ですので希望は最後まで捨てないでいただきたいものです。
第三者よりも身近に買い取ってくれる親子関係、親族、知人がいれば先ずは一旦相談してみましょう。
この場合、後々のトラブルを防ぐために金銭の話はしっかりと契約を結んでおく必要があります。