住宅ローンの滞納・延納・支払遅延・差し押さえ・競売でお悩みなら、東京任意売却無料相談センターへ。弁護士・司法書士・不動産会社があなたの住宅ローンの問題をワンストップで解決いたします。あたなに合ったプランをご提案いたしますのでお気軽にご相談ください。<対応地域>東京都(中野区、杉並区、世田谷区、練馬区、板橋区、品川区など)、埼玉県、神奈川県、千葉県

任意売却東京相談室〜住宅ローンの滞納でお困りなら〜

0120-289-960

【土日祝も受付中!】営業時間:9:00~20:00

無料メール相談24時間、土日祝日も対応!

最大半額返金ですべての借金がゼロになる!

0円でできて借金も解決できる

任意売却の手数料は、売却代金からの生産のため、お客様のご負担はございません。

24時間受付無料相談申込み

早めの相談に損はなし!!営業時間:9:00~20:00【土・日・祝も受付中】

0120-289-960

キャッシュバック付任意売却0円で任意売却できてお金も残る

任意売却=不動産取引です。 東京任意売却無料相談センターなら この不動産仲介手数料を最大50%お戻しします。3,000万円の仲介手数料は通常96万円。この半分の48万円をお戻しします。 東京任意売却無料相談センターは、任意売却による報酬を大幅にカットし、最大50%をお客様にキャッシュバックしております。

新着情報&トピックス

もっと見る

住宅ローンを滞納するとどうなるの?

住宅ローンの滞納が続くと債権者(住宅ローンを組んだ金融機関)は不動産を担保(抵当権設定)にしていますので、早期に資金を回収しようと裁判所に競売(抵当権を実行)の申立てを行います。

競売になると市場価格よりも安い金額で売却されてしまう為、大幅に住宅ローンが残ってしまい、引越し費用も用意ができなく、自宅を明け渡さなければならなくなり、精神的にも経済的にもマイナスが多いです。

競売になる前に、高い金額で不動産(自宅)を売却して引越し費用や生活資金を手元に残す方法があります。それが、任意売却です。

任意売却とは、住宅ローンの返済が困難になってしまった場合に、債権者と協議し、仲介者(不動産会社)を通じて市場において売却することを言います。

住宅ローンを滞納して何もしなければ、ご自宅は競売により売却されてしまいます。そうはいっても、どうやって解決したらいいか解らない方が多いかと思います。

  • 任意売却したら費用はどのくらいかかるの?
    実質0円です。
  • 引越費用はどうするの?
    債権者さんとの合意で確保できます。
  • 住宅ローンの支払いは今後どうなるの?
    一旦停止になります。
  • 弁護士費用が無いが借金を整理したい。
    当社から弁護士費用の支払が可能です。
  • 実際に任意売却を依頼された方の解決事例を見たいな
    解決事例はこちら

任意売却により、お金が入り弁護士費用が賄えたり、引越し費用が捻出できたりしますので、任意売却をした場合に競売よりもメリットが大きくなります。

↓ 不動産会社のアドバイスが見られます是非ご覧になって下さい ↓

任意売却の特徴と仕組み

まずは、任意売却の特徴をご説明させていただきます。

  1. 任意売却によってご自宅を高値で売却できる為、住宅ローンの残債を大幅に減らせるメリットがございます。
  2. 任意売却に必要な費用は売却代金から支払われるため、お客様のご負担はございません。
  3. お客様の再出発に必要な資金として、「不動産仲介手数料の最大50%を、お客様へキャッシュバック」いたします。

次に、任意売却の仕組みについてご説明させていただきます。
通常は任意売却してもお客様にお金は残りません。
なぜなら、売却代金の全てが債権者への支払いや不動産会社の報酬に充てられるからです。

売却代金の仕組み(例、3,000万円で任意売却した場合)

当相談室は、売却代金から配分される「不動産仲介手数料の最大50%を現金」でお渡ししております。この資金を活用して、任意売却後に残ってしまった住宅ローンなどの債務整理費用や今後の生活費として、自由にお使いください。

東京任意売却無料相談センターと他社との違い

任意売却東京相談室は報奨金の一部を、お客様の再出発のための資金として還元しております。
さらに債権者に引っ越し費用の交渉を行い、できるかぎりの資金を捻出いたします。

任意売却後のみなさまの生活を第一に考え、お手元に資金が残るよう
最大限の努力をさせていただいています。

お客様の再出発を最後まで全力でサポートいたしますので、
どうぞお気軽にご相談ください。

東京任意売却無料相談センターの任意売却の特長

お客様の自己負担額ゼロ円
任意売却をする場合、売却代金から不動産仲介手数料や諸経費が支払われる為、お客様のご負担はございません。お金が無くても任意売却ができます。
再出発応援資金として現金還元
東京任意売却無料相談センターは、任意売却を無料でご相談できる他に成立時に、 私たちが受け取る不動産仲介手数料の最大50%をお客様へ現金還元しています。 そのため、お手元の現金で債務整理のための弁護士費用など、再出発のさまざまなご準備をしていただけます。
弁護士への相談が無料(自己負担なし)で受けられる
東京任意売却無料相談センターには、任意売却や借金問題に詳しい経験豊富な弁護士と司法書士がおりますので、任意売却後の借金の問題もご相談いただけます。 また、再出発応援資金として現金を還元をいたしますので、任意売却後の債務整理や様々な問題の解決費用にあてることができます。

東京任意売却無料相談センターをご利用されたお客様の声

お借り入れ状況住宅金融支援機構 借入残高2,450万円
都市銀行 借入残高 1,160万円
税金(差押さえ)80万円

債務額合計 3,690万円

お客様の受領額676,000

任意売却を扱う会社に何件か伺いました。皆、良いことばかりを話すのですが、こちらではメリットやデメリットを詳しく丁寧にお話ししていただきました。信頼できると思い、お任せしたのですが、本当にお任せして良かったと思います。

また、再出発応援資金を70万円近くも頂けました。その資金のお陰で債務整理まででき、新しいスタートを切る事ができました。本当に感謝しています。

住宅金融支援機構から差し押さえが入り、競売事件となっていたので、競売申立人と話し合いを持ちました。 また、市役所から差押さえが入っていたため、市役所まで行き交渉。 都市銀行と信販会社の二社の抵当権者にも、任意売却に応じていただくよう交渉しました。

お借り入れ状況都市銀行 借入残高 2,800万円

債務額合計 2,800万円

お客様の受領額328,000

弁護士さんの紹介でお世話になりました。 借金だけがどんどん増えていき、途方にくれました。競売にかけられる恐れもあったのですが、早めに相談してよかったです。 すぐに任意売却が成立し、応援資金も頂けました。その資金で債務整理ができ、借金がゼロになりました。 引っ越し費用まで出して頂いた上に、ゼロからスタートできるなんて思わなかったので、本当に嬉しいです。ありがとうございました。

都市銀行に任意売却に応じてもらうよう、 早期に交渉に入りました。

お借り入れ状況住宅金融支援機構 1,300万円
都市銀行B 1,250万円
信販会社 250万円
市役所(差押さえ)80万円

債務額合計 2,880万円

お客様の受領額491,000

債権者が4社もあったのに、全てと交渉し、 任意売却を成立させてくれました。 自己破産という道を選ぶことになりましたが、それでも、新たな生活を始められることに感謝しています。

住宅金融支援機構から差し押さえが入り、競売事件となっていたので、競売申立人と話し合いを持ちました。 また、市役所から差押さえが入っていたため、市役所まで行き交渉。 都市銀行と信販会社の二社の抵当権者にも、任意売却に応じていただくよう交渉しました。

私たちの任意売却の流れと東京任意売却無料相談センター3つの強み

任意売却の流れ

任意売却の流れ

3つの強み

弁護士・司法書士・不動産会社がワンストップで解決
弁護士・司法書士・不動産会社の三者が住宅ローン滞納問題をワンストップで解決します。あなたに合ったプランをご提案いたします。
応援資金をご提供。引越し費用も交渉。
再出発のための応援資金をご提供します。また引越し費用も交渉いたします。豊富な経験と実績による交渉力が違います。
売却後のトラブルを未然防止
任意売却のプロが売買契約書を作成するので安心です。万一のトラブル時にも万全サポートいたします。

お問合せ・無料相談はこちら

下記のようなご質問やご相談などございましたら、お電話もしくはお問合せフォームからご連絡ください。 

  • 任意売却についてわかりやすく教えてほし
  • 他社で断られたのですが、御社でお願いできるのでしょうか?
  • 住宅ローン以外にも借入があるのですが・・