住宅ローンの滞納・延納・支払遅延・差し押さえ・競売でお悩みなら、東京任意売却無料相談センターへ。弁護士・司法書士・不動産会社があなたの住宅ローンの問題をワンストップで解決いたします。あたなに合ったプランをご提案いたしますので、お気軽にご相談ください。<対応地域>東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県

埼玉で任意売却をするなら任意売却東京相談室

0120-289-960

【土日祝も受付中!】営業時間:9:00~20:00

無料メール相談24時間、土日祝日も対応!

解決事例

東京任意売却無料相談センターのお客さまの解決事例をご紹介します。

高値で任意売却

東京都豊島区にお住まいの自営業のSさんは、取引先からの仕事が激減したことで、住宅ローンを6ヶ月滞納してしまいました。住宅ローンの残債は6,300万円。奥様が連帯保証人になられていました。

差し押さえ後の任意売却

固定資産税の滞納により市役所から自宅を差し押さえられてしまいました。どうすればいいか解決方法が解らなく、インターネットで「任意売却」と検索し、東京任意売却無料相談センターさんには他と違うやり方で任意売却をし、任意売却の費用からお金がもらえると書いてあったので、もしかしたら滞納している税金を払えるかもしれないと思い相談することにしました。

小規模個人再生手続を行われた後に任意売却された方

収入が減少し、住宅ローンの支払いと生活費を工面する為に借金をしてしまい、気がついたら住宅ローン以外の借金が大幅に増えてしまい、弁護士さんに小規模個人再生の手続きをお願いしていました。

親子間売買が成立した任意売却

M.Tさんは、5年前に自宅を購入したが、収入が減少し住宅ローンの支払いが困難になり、インターネットで「任意売却」と検索され東京任意売却無料相談センターにはキャッシュバック付任意売却がある事を知り相談することにしました。ただ、できれば他の人に売るのではなく、息子に売却して今の状態のまま住み続けたい希望がありました。

相続財産に借金があった任意売却

K.Aさんは、17年前に母親と共同で銀行から連帯債務という形で借入の契約をし、一戸建てを共有持分で購入した後、母親と二人で生活されていました。数年前に母親が亡くなり、家の母親名義の持分を相続人のK.Aさんに相続登記をし移転しました。

破産管財人が放棄した後の任意売却

M.Tさんは、会社の業績が悪くなり自己破産を裁判所に申立て、裁判所から破産管財人の選任がされ1年以上、破産管財人の提携している不動産会社で任意売却をしたが、債権者との調整が思うようにいかず、不動産会社が任意売却を諦めたため、破産管財人が物件を放棄してしまい、債権者が裁判所に競売の申し立てを行ってしまいました。

買い戻しが成功した任意売却

M.Mさんは自営で漁業を営んでいましたが、数年前から収入が減少し、漁業とアルバイト両方を掛け持ちで働き生計を立てていたが、20年前に買った家の住宅ローンが払えない状態が続き、消費者金融にも手を出した為に借入が大幅に増え一向に支払いの目処が立たなくなってしまいました。